山梨ライフゆる日記☆『HaiRy TRee』としてサンキャッチャーをつくり、みなさまに虹をお届けしています☆週末はイベントやマーケットに出店中!☆お陽さま*お陰さま☆


by rainbow-sunshine
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

『光と音の龍宮リトリート』 開催のご案内

イベントのお知らせです*:...:☪ฺ*:.



*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*


2016・7・21(木)10:00~15:00

音叉の振動、周波数で心と身体を癒し、魂の浄化やチャクラ調整のセッションを提供して

県内外ご活躍中の サウンドヒーリングサロン『月の音』さんとのコラボイベント

『光と音の龍宮リトリート』を HaiRy TReeのアトリエにて 開催いたします♡



*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*




d0194741_1633940.jpg

d0194741_16145329.jpg





以下、「月の音」さんのブログより。。。♡





山梨県の富士山の麓、西湖にアトリエを構え活躍していらっしゃる
光を操るサンキャッチャー作家の HaiRy TRee 幸子さんと、
音叉の振動、周波数で心と身体を癒し、魂の浄化やチャクラ調整のセッションを提供している
サウンドヒーリングサロン月の音とのコラボイベント「光と音の龍宮リトリート」を開催いたします。


富士山とサンキャッチャーからの光のエネルギーに包まれ、お一人お一人に合わせた星々の音、
周波数を身体にたっぷりと注ぎ、自然との調和、森の音、野鳥のさえずりを聴きながら
心身の深奥から癒します。


音叉を体感したあと・・・西湖の流木を3本セレクトしていただき、ヘンプで三角に結び、
お好みのサンキャッチャーtop(スワロフスキー社製)と布を装飾して完成です。
光り降り注ぐアトリエからのぞむ西湖の自然を感じながらゆったりと制作いたしましょう♡

その後、樹海へ移動し、今大人気のパワースポットの龍宮洞穴にて大地のエネルギーと繋ぎます。
天と地と・・・宇宙とのエネルギーの流れとハートの調和。
大自然の恵みをたっぷりと受け取りながら、エネルギーチャージに・・・
今までに味わったことのない癒しの時間を是非体感して頂きたいと思います。




『光と音の龍宮リトリート』

日 程  7月21日(木) 午前10時~午後3時   雨天決行

場 所  山梨県 西湖 HaiRy TRee アトリエ 
      (ご参加いただく方には詳細マップをお知らせいたします)

内 容  オリジナルサンキャッチャー作り(3000円相当)
      音叉ヒーリング(10000円相当)
      樹海内龍宮ツアー、ベジタリアンランチ付

参加費  10000円

募集人数 3名様

連絡先  サウンドヒーリングサロン月の音 tukinone☆docomo.ne.jp
      (☆をあっとまーくにかえて)

     http://blog.livedoor.jp/tukinone/








サンキャッチャーのできあがりはイメージ画像をご覧ください。
材料道具はこちらにすべてございます。

d0194741_1641666.jpg

d0194741_165643.jpg







龍宮洞穴から見上げる景色。
神秘的な樹海のバイブレーションをご一緒に感じましょう♡
d0194741_164213.jpg



西湖のHaiRy TReeのアトリエ風景です。
鳥や虫たちのさえずり、緑溢れる静かなところです。

d0194741_1643185.jpg










自然のエナジーあふれるこの西湖。
日々、どんなお天気でも とてもとてもここちよくて、、、、^^

そのアトリエをつかって 当日みなさんと生みだされるハーモニー・・・♡
すごく楽しみです!

音叉のすばらしさをぜひ、自然の中で体感してください♡



音、
光り、、、

バイブレーション、、、


やさしい樹海をご案内いたします♡





感謝をこめて

❤HaiRy TRee❤
❤LIFE WITH RAINBOW❤
[PR]
トラックバックURL : http://cosmicgaia.exblog.jp/tb/23256179
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rainbow-sunshine | 2016-06-28 15:53 | イベント | Trackback | Comments(0)