山梨ライフゆる日記☆『HaiRy TRee』としてサンキャッチャーをつくり、みなさまに虹をお届けしています☆週末はイベントやマーケットに出店中!☆お陽さま*お陰さま☆


by rainbow-sunshine
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

『光りと虹・祈りのヒンメリサンキャッチャーづくりの会』@八ヶ岳


*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*

サンキャッチャーを置いていただいている「八ヶ岳さろん星の雫」さんにて

『光りと虹・祈りのヒンメリサンキャッチャーづくりの会』を開催いたします♪

*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*


8月19日(土)

時間 12:30~15:00


d0194741_08280656.jpg

いよいよ今週末になりました^^

当日は、ヒンメリの基本形でもある正8面体を、黄金比や光りのことなど

ふだんわたしがどのようにして作品をつくっているかを織り交ぜながら創作してゆきたいと思っております


想いをこめながら創る幾何学立体は、天と地をつなぐ祈りと光りの依り代となります。
みなさまのスペシャルをつくるお手伝いが出来たら幸いです


ふだん、あまりにも感覚的にサンキャッチャーをつくっているので、

今回みなさまに言葉でどうやってお伝えしようと、とてもドキドキしています✨

つくりだすその手は、自分であり、自分でないこと。
想いをのせること、そのカタチ、形状は、エネルギーの流れを生みだす依り代だということ、、、、

言葉の断片をつむいで、お伝えすることができますように、、、

ではでは、さろんでお待ちしております♪




以下、FBイベントページより♥


星の雫の窓辺で、いつも四季折々の光のメッセージを拡散している、HaiRy TReeのサンキャッチャー。
お手に取ってお買い求めいただいた方も多いと思います。
この度、そのサンキャッチャーをデザイン作成していらっしゃる、HaiRy TReeのさちこさんにお願いして、ワークショップを開いていただけることになりました。
 
まずは初心者向けのものから、という事で、ヒンメリサンキャッチャー作りをレクチャーしていただけるとの事です
 
「ヒンメリ」とは、「光のモビール」とも言われる、フィンランドの伝統的な装飾品だそうです。
スウェーデン語で”天”を意味し、古くから太陽祭や、誕生祭の時などに用いられてきました。
現在では、クリスマスの装飾品などに使われ、幸運のお守り、とされているのだとか。
 
今回は、さちこさんが、都留市の無農薬の小麦わらを用意してくださいます。
麦わらのストローで基本の正8面体を作り、スワロtop一個等を付ける形のものになります。


8月19日(土)
HaiRy TRee さちこさんの『光りと虹・祈りのヒンメリサンキャッチャーづくりの会』

募集人数 5名様
時間 12:30~15:00(予定)
※参加者のご都合によっては開始を遅くすることも可能です。お申し出ください。
費用 講師代金 3000円
   材料費  2000円
※上記の他に講師への交通費を参加人数で割った額が加算されます。
※制作に必要な道具(はさみ、針、ものさし)はご用意いたします。

以上、トータル6000円内を予定しています。

皆様、夏のひと時、高原の風爽やかな、八ヶ岳さろん「星の雫」で、ヒンメリサンキャッチャーを作りませんか?
ご参加、心待ちにしております。
 
お申し込みは、
◆イベントの参加ボタンをクリックの上、
◆星の雫予約フォームか
 http://yatugatake-salon.jp/request/#toi
(※予約フォームには支払い方法を選ぶ項目が必須になっていますが、今回料金は当日現地で、となります。

必須項目のどちらかお好きな方を選んでいただいて送信ください。事前入金は必要ありません。)
◆FBメッセンジャーにて、ファンクラブ管理人大野まで申し込み連絡をお願いいたします。

当日宿泊を希望の方はその旨、申し込み時に必ずお知らせください。

イベント参加申し込みをしただけでは、宿泊の予約とはなりません。
※宿泊はファンクラブ会員価格にてご利用いただけます。





[PR]
トラックバックURL : http://cosmicgaia.exblog.jp/tb/25322843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rainbow-sunshine | 2017-08-14 09:00 | イベント | Trackback | Comments(0)